キャットフードに含まれている栄養素(ビタミン)

ビタミンは、美容や健康のために欠かせません。日々の生活の中で、意識してビタミンを摂っている人も多いと思います。そして、ビタミンが必要なのは猫も同じこと。それぞれのビタミンの効果や猫のビタミン代謝の特徴を把握して、必要なビタミンをしっかり与えてあげましょう。

ビタミンA

人間は、ニンジンやかぼちゃなどに含まれるβカロテンからビタミンAを作ることができます。ところが、猫はそれができません。そのため、食事から直接ビタミンAを摂取しなければいけません。十分な量を摂取できないと、発育不全に陥る、毛並みが悪くなる、視力が低下するなどの影響が出る可能性があります。

ビタミンB1

ラム肉や鳥もも肉などに多く含まれるビタミンB1は、不足すると吐き気やめまい、心臓疾患、運動機能の低下などの原因になります。なお、猫に生の魚介を与えるとビタミンB1の欠乏につながるので注意しましょう。これは、魚介にはビタミンB1分解酵素が豊富に含まれているため。加熱をしていないスルメなどは与えない方が無難です 。

ビタミンC

人間はビタミンCを合成できませんが、猫は体内で合成することができます。そのため体内で合成できないビタミンと比べると不足しにくいといえますが、不足した場合には足が痙攣したり体重が減少したりする可能性があります。

ビタミンD

人間は日光に当たると体内でビタミンDが合成されますが、猫はいくら日に当たってもビタミンDをつくることはできません。ビタミンDは骨を作るために大切なリンやカルシウムの恒常性を保つための大切なビタミンなので、きちんと適切な量を与える必要があります。これが不足すると、骨が弱くなってしまいます。

なお、過剰に摂取させると高カルシウム血症や歩行障害などのリスクが発生します。多すぎず少なすぎずを心がけましょう。

ビタミンE

抗酸化作用のあるビタミンEは、体内で悪さをするフリーラジカルを除去してくれます。これを摂取することで血液がサラサラになり、生活習慣病を防ぐことができます。また、疲労回復効果も期待できます。不足すると、腹部や胸部の皮下脂肪が酸化して黄色く変色するイエローファットという病気になる可能性があるので気をつけましょう。

ビタミンを摂取させて猫の健康を守ろう!

ビタミンが不足すると、毛のつやがなくなったり皮膚が荒れたりと様々な影響が出てきます。愛猫の健康を維持するためにも、猫にとって必要なビタミンを把握して十分な量を摂取させましょう!