キャットフードに含まれている栄養素(糖質)

糖質は、炭水化物の主成分です。炭水化物は人間にとってはエネルギー源として欠かせない栄養素ですが、猫にとっては必ずしもそうではありません。猫にとっての糖質の必要性を考えていきましょう。

炭水化物の必要性

人間が雑食であるのに対し、猫はもともと肉食動物。そのため、猫にとって最も大切な栄養素はタンパク質です。炭水化物は必要だとは考えられておらず、AAFCO(米国飼料検査官協会)が定めた猫に必要とされる栄養素にも炭水化物は含まれていません。キャットフードの成分表示を見ても炭水化物の含量が記載されていないのはそのためです。

しかし、野生の猫は炭水化物も多少摂取しています。猫の理想的な食事は生きたネズミ丸ごと一匹だといわれていますが、ネズミの胃袋の中には炭水化物が残っています。そのため、炭水化物が猫にとって間違いなく不必要だとは言い切れないでしょう。

糖質の消化吸収

前述したように、野生の猫も全く炭水化物を摂取していないわけではありません。そのため、糖質を消化する能力は多少あります。しかし、草食動物や雑食動物と比べると糖質をの消化吸収する能力は著しく劣り、犬と比べると2.5倍も低いといわれています。

そのため、猫に糖質を多く与えすぎると体調不良を起こす可能性があります。消化不良から下痢や嘔吐などの症状を呈することがあるので、十分に注意しましょう。

糖質の含量の算出方法

糖質の含量は、キャットフードのパッケージには記載されていません。しかし、下記の計算式に他の成分の含量を当てはめることで算出することができます。

100%ー水分%ータンパク質%ー脂質%ータンパク質%ー灰分%=炭水化物%

炭水化物の主な成分は糖質なので、この計算式で算出された値は糖質の含量とほぼイコールになります。もし糖質の量が40%を超えるようであれば、そのキャットフードの購入は考え直した方がいいかもしれません。

糖質は肥満の原因にも

糖質のを摂りすぎは消化器官に影響を及ぼすのはもちろんのこと、肥満の原因にもなります。猫は本来であれば運動量と摂取カロリーの量を調節する能力を持ち合わせていますが、生まれた時からペットとして飼われている猫のなかにはその能力を失った個体も多くいます。さらに、炭水化物は肉食である猫の満腹中枢をなかなか刺激しません。そのため、過食に陥ってしまいがちです。

人間と同様、猫も肥満になると様々な生活習慣病を発症してしまいます。愛猫が太ったと感じたら、与えているキャットフードの糖質の含量を見直してください。割合が多すぎるようであれば、糖質の含量が少ないキャットフードに変更するとよいでしょう。

糖質をセーブして健康を維持しよう

猫にとってタンパク質は欠かせない栄養素ですが、糖質はあまり重要ではありません。キャットフードのなかには安価で販売するために安い原材料である穀物を多く使用しているものもあるので、成分表示は必ず確認しましょう。糖質をきちんとセーブすることで、愛猫の健康を守ることができますよ。