キャットフードに含まれている栄養素(タンパク質)

キャットフードを選ぶ時に「猫にとってタンパク質はとても大事」「良質なタンパク質を与えましょう」とよく耳にします。ではなぜ、猫にとってタンパク質が重要なのでしょうか?
それは、猫が肉食動物であることに隠されています。

肉食動物に必要な「タンパク質」とは

タンパク質はいくつものアミノ酸が連なりできた物質で、皮膚や筋肉、体の臓器を作ります。
タンパク質は、猫だけではなく犬や私たち人間にも必要な栄養源です。
猫に必要なアミノ酸の量と、犬に必要なアミノ酸の量は違います。もちろん、人間も犬や猫と必要なアミノ酸の数は違います。
ちなみに猫が必要なアミノ酸は11種類。犬は10種類。人間は9種類と言われています。
たまに、猫と犬を一緒に飼われている人で、猫にドッグフードを与えている人がいます。しかし、犬と猫では必要なアミノ酸の種類が違いますので、きちんと猫にはキャットフードを与える必要があります。

タンパク質には「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質がある」

猫にとって必要な栄養はキャットフードに含まれています。もちろん、タンパク質もキャットフードに含まれています。
しかし、タンパク質には「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の2種類があります。

植物性たんぱく質 大豆などの豆類、ナッツ類、トウモロコシ、小麦から摂れる
動物性たんぱく質 肉や魚、卵や乳製品から摂れる

猫は肉食動物なので、動物性たんぱく質を摂ることが好ましいです。その理由は、猫の消化器官が植物性たんぱく質をうまくアミノ酸に分解することができないからです。肉食動物は肉系の食べ物から栄養を摂る事が理にかなっていると言えます。

タンパク質の量には注意!

タンパク質が猫にとって必要な栄養素だからとキャットフード以外に肉や魚を与える必要はありません。タンパク質も過剰摂取してしまうと

  • 余分なタンパク質が脂肪に変わり肥満の原因となる
  • 腎臓の負担になる

といったことが起こります。
特別、獣医師から指導がない限りは、総合栄養食のキャットフードを適切な量だけ与えていれば、必要な栄養は十分摂取できます。

良質なタンパク質を摂ることが大事

動物性のタンパク質を摂ることが大事だと言いましたが、最近では食の加工の技術が進歩し、植物性のタンパク質からもアミノ酸を吸収できるように作られています。
「絶対に動物性のタンパク質を摂取すべき!」ということではなく、質がいいタンパク質を摂取することが大事なのです。

キャットフードの原材料に使われている良質なタンパク質は、チキン・ターキー・マトン・サーモン・ニシンなどです。ミールや副産物ではなく、どんな肉や魚かわかるようにはっきりと書かれているものを選びましょう。
植物性タンパク質だと、エンドウ豆・大豆・ひよこ豆などです。穀物も植物性タンパク質を含みますが、炭水化物が多いため、猫はあまり多く摂取しないほうがいいです。

また、最近ではより消化性の高い加水分解タンパク質を原材料に使っているキャットフードも多くあります。