キャットフードに含まれている栄養素(ミネラル)

猫にとって、ミネラルは健康のために必要不可欠な栄養素です。ミネラルが不足したり過剰になったりすると、体の不調の原因になりかねません。バランスよくミネラルが配合されたキャットフードを与えて、愛猫の健康を守ってあげましょう。

リン、カルシウム

リンとカルシウムは、強い歯や骨をつくるために欠かせないものです。リンとカルシウムが結合したリン酸カルシウムが歯や骨の主成分となるため、必ずバランスよく摂取させましょう。リン:カルシウム=1:1.2~1.5が最も理想的な割合だといわれています。

リンに比べてカルシウムが過剰な場合、骨の発育不全や関節疾患のリスクが高まります。逆にリンを過剰に摂取した場合は、血中に存在するリンとカルシウムのバランスを保つために骨を溶かして骨密度が下がってしまうこともあります。

健康な体をつくるために必要なリンとカルシウムですが、過剰に摂取すると腎不全の原因となります。猫は腎臓病になりやすい生き物のため、十分に注意しましょう。

カリウム

カリウムは、体液のバランスを調節して心臓や筋肉の働きを維持するために必要なミネラルです。これが不足すると高血圧になり、心臓病をはじめとした様々な病気を引き起こします。しかし、カリウムを摂りすぎるのもいけません。しびれや不整脈、筋力低下、栄養失調、食欲減退などにつながります。

マグネシウム

マグネシウムは、摂りすぎに注意とよくいわれるミネラルです。マグネシウムを過剰摂取すると、尿路結石につながるためです。猫が患いやすい尿路結石を避けるためには、マグネシウムを適量摂取することとしっかりと水を飲ませることが大切だと覚えておきましょう。

とはいえ、マグネシウムも猫の身体に欠かせないミネラルの一つ。歯や骨をつくるために欠かせない成分であるほか、代謝の促進や神経伝達物質の生成にもかかわります。特に子猫はしっかりとマグネシウムを摂取する必要があります。

ナトリウム

ナトリウムは食塩として摂取されることがほとんどのため、健康を害するイメージが強いかもしれません。しかし、血液の中には必ずナトリウムが含まれています。ナトリウムの存在によって体液の濃度を調整し、細胞に栄養を届けることができるのです。

人間は過剰摂取しがちなナトリウムですが、猫の場合は過剰摂取になることはあまりありません。愛猫に心疾患や腎疾患がない限りは、しっかりとナトリウムを摂取させてくださいね。

適切にミネラルを摂取しよう

キャットフードの成分表を見るときには、どうしてもタンパク質やビタミンなどの栄養素に目がいってしまいます。しかしミネラルも健康維持に必須の成分で、不足すると健康状態を揺るがしかねません。必要なミネラルをバランスよく摂取させることを心がけてくださいね。