キャットフードに含まれている栄養素(マグネシウム)

猫の健康のためには、ミネラルをバランスよく摂取することが欠かせません。ミネラルは主要必須ミネラルと微量必須ミネラルに大別されますが、マグネシウムは主要必須ミネラルのうちの一つです。適切な量を摂取することで、猫の健康を維持することができます。

マグネシウムのメリット

摂りすぎ注意のミネラルとして有名なマグネシウムですが、摂取しないと猫の健康を害してしまいます。マグネシウムは骨や歯をつくるために欠かせない栄養素で、さらに神経伝達物質の生成や代謝の促進などの作用も持っています。

十分な量のマグネシウムを摂取しないと、心疾患や発育不全、食欲不振、嘔吐、筋肉の痙攣などを引き起こしてしまいます。特に、子猫のうちは十分な量のマグネシウムを摂取させましょう。AAFCO(米国飼料検査官協会)では、子猫用のキャットフードではマグネシウムが0.08%以上、成猫用のキャットフードでは0.04%以上が必要だと定めています。

マグネシウムのデメリット

マグネシウムのデメリットは、過剰摂取すると尿路結石の原因となってしまうことです。マグネシウムが尿として排泄されるときに、同様に尿として排泄されるリンと結合してストルバイト結石 になってしまうのです。

猫は水を飲む量が少ないため、もともと尿路結石ができやすい傾向にあります。健康な猫でさえ急に尿路結石ができることがあるので、十分に注意しなければいけません。マグネシウムの摂取量に注意しなければいけないのはもちろんのこと、水を意識して飲ませるようにしましょう。尿のpHがアルカリ性か酸性に偏ると尿路結石ができやすいので、水を飲ませて尿を薄めることにより尿路結石の予防ができます。

また、マグネシウムを過剰摂取すると腎臓障害を引き起こすともいわれています。慢性腎不全は、猫の死因の第一位。なりやすい病気だからこそ気をつけなければいけないということを覚えておきましょう。

適正な量のマグネシウムを摂取させよう

全体的に、ウェットフードよりもドライフードの方がマグネシウムが控えめに含まれている傾向があります。これは、ドライフードにはほとんど水分が含まれておらず尿路結石になる危険が高いためです。

市販のキャットフードにマグネシウムを過剰に配合しているということはありませんが、尿路結石の既往歴がある場合などはマグネシウムが少なめに配合されているキャットフードを選ぶとよいでしょう。「低マグネシウム」や「猫下部尿路疾患対応」のキャットフードも販売されているので、そちらを試すのもオススメですよ。